アートクラスⅡ

アートクラスⅡの授業では

美術1から美術2へ step up!

美術2では、描いたり、作ったりするのは一緒ですが、違いは主題を生成することに主眼が置かれます。「何を作るのか?」という想像、アイディアだし、構成などにじっくりと取り組むことになります。

第1期は「四季を描く」

美術Ⅰで取り組んだハッチングを使い、四季を表現するはがき絵を描きます。

春夏秋冬の季節を表す4枚のはがき絵を作り、4枚セットで四季を表現します。

第2期は「ツブ貝の立体制作」

第2期は、直方体の概念を深めながらツブ貝を石粉粘土(せきふんねんど)、石塑粘土(せきそねんど)で作ります。

※石塑粘土(せきそねんど)は、石を粉状にしたものが原料の粘土です。乾いた後にやすりをかけて削ったりできることからこう呼ばれるほか、原料である石の粉から石粉粘土(せきふんねんど)と呼ばれることもあります。乾燥させると素焼きの陶器のような質感になり、つや出しのニスを厚く塗ることで釉薬をかけて焼いたような風合いも出すことができます。

石粉粘土の特徴は紙粘土より

  • ・強度がある
  • ・乾燥後の磨き、削りがしやすい
  • ・重さがある

石粉粘土の用途

  • ・フィギュア制作
  • ・ブローチやお皿などの小物の制作
  • ・製品のモデルづくり

おすすめ石粉粘土の比較サイトはここ

〈準備する物〉

  • パジコ 石塑粘土 ラドールプレミックス400㌘
  • 粘土を保管する保存袋
  • 作品乾燥を防ぐ大きめの袋
  • 粘土ベラ、粘土板
  • アクリルガッシュ&筆
  • サンドメディウムなど
  • 彫刻刀、ヤスリなど
  • 新聞紙

introduction

1年生の時には彫刻する彫刻(マイナス)する立体制作でしたが、美術Ⅱでは石粉粘土を使い塑像(プラス)による立体制作をおこないます。

step1:ツブ貝のスケッチ

ツブ貝を色んな方からスケッチしてみます。正面、後ろ側、右側、左側。しっかりと大きさ(縦横の比率)を確認します。

step2:ツブ貝の展開図を描こう

縦横の比率を確認しながら、作りたい大きさで展開図を描きます。

step3:粘土で直方体を作りましょう

まずは全体的な大きさ、直方体の塊を作ります。縦横の比率は大丈夫ですか?

step4:展開図をみながら、粘土を削りましょう

美術Ⅰの時は石を削りましたが、今回は石粉粘土をへらや、彫刻刀などで大きく削り出していきます。そして少しずつ乾いてきたら、細部を削り出していきます。

石粉粘土は足し算することもできます。削りすぎたなと思ったら、削りすぎた部分に水をつけて粘土をくっつけていく、なでる等をして足し算することもできます。

できるだけ本物の形になるように、徹底的に写実にせまりましょう。

step5:アクリル絵の具で彩色

粘土を乾かしてから、アクリル絵の具で彩色します。色を確認しながら少しずつ彩色を進めましょう。

「ツブ貝の立体制作」完成作品

本物?と見間違うような貝が出来上がりました。砂の質感もいい感じです。

〈参考のサイト〉

CraftieStyle(暮らしを彩るハンドメイドマガジン)

粘土全般に関する事が書かれたサイト「アートと日常」

 

 

第3期は「色彩デザイン」

美術Ⅱでの色彩デザインの課題は「春夏秋冬」です

〈課題概要〉

春夏秋冬の季節から1つ選び、まずはじっくりとその季節のどういう情景を表現するか決めます。いわゆる作品の方向性、コンセプトというのをしっかり作ります。その後幾何形体を使い色彩デザインしていきます。

コンセプト(言葉)⇒幾何形体を使い、色彩で表現

 

〈準備する物〉

BSSデザインボード03-5410\440×8枚(8/24済)
アクリルガッシュ&筆
雲形定規
マスキングテープ
烏口コンパス

intoroduction

まずはじめに、美術Ⅰで学んだ色彩学の復習をかねて、春夏秋冬の季言葉言葉を配色で表現してみました。

step1:コンセプトの策定

マインドマップ形式で、自分の決めた季節から、さらにイメージを膨らましてみましょう。

自分の描きたい方向性が決まったら、コンセプトをスケッチブックに文字で書き、エスキースを描いていきましょう。

step2:エスキースを描く

スケッチブックになるべくたくさんのエスキースを描いてみましょう。本番の紙は正方形です。縦横の比率を考えながら、自分の作ったコンセプトを表現できる形を直線、曲線、正円などを使って幾何形体によって表現してみましょう。

1年生の時に制作した色彩構成を思い出しながら、もう一段進んだ色彩デザインをしてみましょう。

step3:アクリルガッシュを使い彩色

1年次で使ったアクリルガッシュの使い方から一歩進み、烏口、雲形定規などを使い、さらなる表現を広げて行きます。

第4期は「ポスター、チラシ、パッケージデザイン、商品、写真」

「パッケージデザイン」では、コンセプトの策定からはじめ、デザインで人に届ける方法を学びます。

「○△□色彩表現」

 

空想の生物を作ろう

「想像して描こう!」では、何を描くのかと言うことを教科書の作品を参考にしながら構想をじっくりと練っていきます。

「表現とは何か」

 

 

金屏風のデザイン

「金屏風のデザイン」

屏風

 

 

 

「リンゴの量感画~コラージュ」

リンゴの量感画を描きました。視覚以外の味覚、嗅覚、触覚なども使いながら、リンゴをオイルパステルを使って描いてみました。

リンゴの時期が少し過ぎてしまった様で、リンゴの香りが今ひとつで…

リンゴの量感画が描けたら、その描いたリンゴの作品から着想し、レタリング等々を組み合わせて作品を再構成してみました。

フォトコラージュ

canvaアプリを使ったフォトコラージュ作品です。写真の基本を学び、コンセプトに合わせた写真を撮影し、フォトコラージュという形で作品にしました。

タイトル:「私の推し事」

推し事で集めたグッツの写真を撮りデザインしました。赤と黒で統一感を出しました。推し事楽しいです。

2022kb ゆころも

タイトル:「ぎゃくしゅうのくまろ」

ある日、絶対に買ってはいけないくまを買ってしまったことが全ての始まり…

2022kb ほしたべよう

タイトル:「そら」

私が登下校で撮った空の写真をまとめました。上は青空、下は夕空で分けて色の違いを出しました。2022kb YM

タイトル:「刻/怪」

上は、私のいつもいる所やたいせつにしているばしょで、下は少し怪しい所、不思議なもの等です。

2022kb aa

タイトル:「タロだよ」

かわいい、かわいい愛犬のフォトコラージュです。

写真を撮るのが大変だったので、動画からスクリーンショットをして一瞬の表情を切り取って使いました。

2022kb yc

タイトル:「月夜に誘う一夜限りの饗宴」

ディズニーの【シンデレラ城】【美女と野獣の城】を背景にしました。ハロウィンは一夜限りなので、このタイトルにしました。

2022kb ac

 

タイトル:「好きな食べ物」

自分で作ったものや、食べておいしかったものと、私の一番好きなスターバックスとマクドナルドについてコラージュしました。

2022kb 三角チョコパイ

 

 

タイトル:「Cinderella」

ディズニーが好きなので、今回はシンデレラをテーマに作りました!!

2022kb rs

 

タイトル「夏」

夏の思い出をいっぱいつめ込みました。2022kb mi

 

タイトル:「猿のわーくせー」

私とジョージとの6日間に渡る死闘を描きました。負けました。

2022kb na

タイトル:「チョコ氏、まだ1歳!」

私のおばあちゃんちに住んでます。人懐っこい所と散歩好きなところを見せたかったです。

2022kb ns