about me

このサイトを作ったきっかけは

このサイトはコロナ時代に、出席停止期間で制作が遅れてしまった生徒のフォローのために、休んだ日の授業中に何をしたのかが分かるように作ったものです。

私自身、しょっちゅう色んな分野の作家さんのアートのワークショップに参加しています。作家さんの話を聞くのが好きです。自分の制作について楽しそうに話すのを聞くのが好きです。こっちまでワクワクします。そして作家さんたちが何を思い、その思いを表現するために創意工夫して制作した作品を見ることが好きです。

そして私は作家さんから教えってもらったアイディアを参考に、子どもたちの笑顔を想いながらアートプログラム(美術時間)を作っています。

学生時代は色彩心理学を学び

カナダの大学で色彩学に出会い、それ以来ずっとアートと心理学の世界に住んでいます。ルドルフ・シュタイナーの芸術教育、ゲーテの色彩論、色彩生理学、色彩心理学。むずかしいことばかりでしたが、学生時代はひたすら色彩学を学んでいました。

色彩学を手がかりに作品を見ていくと、作家の心の変化が感じられ…。アートの持つ心を癒やす力について考えさせられます。

カラーデザインの仕事

学生時代は、ひたすら色彩に夢中になっていました。そして大学3年生の時に「色彩の仕事ってあるのかな~~?」と考えていたら、偶然にも4年生の春に「カラープランナー募集」と求人が出ていて、「これだ!あった、あった、色彩の仕事って本当にあるんだ」と思い応募したところ、無事合格。

学生時代に夢中になっていた色彩の仕事に無事に就くことができました。仕事は、建造物(発電所、JRの施設、学校、病院、橋梁など)、工業製品などのカラーデザインでした。

環境要因、人の要因、そして物の要因から、最適な色彩を導き出す、カラープランニング(色彩計画)をする仕事でした。こんな仕事があるとは…。それから「水を得た魚状態」でひたすら仕事に没頭していました。

東北六県を担当し、発電所、駅舎、道路公団など、多くの公共物件をさせていただきました。実績集はこちらhttps://artde117.com/2022/03/10/jissekisyuu/

子どもの絵と芸術教育

出産後はしばらく専業主婦になり、子育てに一生懸命でした。その時に我が子の絵を見ていたら、色彩学の教科書に載っていた絵が次々に出てきてビックリ!

我が子の描く絵は色彩心理学の教科書でみた絵そのものでした。その出来事をきっかけに、再び色彩心理学の世界にのめり込み「子どもの絵と心の研究所 子どものアトリエアートキッズ」をはじめました。

※色彩学は、子どもの絵の研究から成り立っている学問なのです。

心理学とアートの融合=芸術教育

心理カウンセラーとアーティストで作った子どものアトリエ。

手伝いに来てくれた心理カウンセラーさんは、「病院で出会う患者さんたち、つまり大人が抱える精神的な問題は、幼少期の親子関係に起因している!この幼少期が精神の問題を作っているんだよ」とおっしゃり、「親も子どもも心理的にケアされる場所があっていいのではないか?」それが子どものアトリエアートキッズのはじまりでした。

ベテランカウンセラーは、忙しいにも関わらず手伝いに来てくださり、親御さんのメンタルケアを担当。私はシュタイナーの芸術教育をベースにしたアートプログラムを実施。そして現役の造形作家(画家、工芸家)さんたちが応援に来てくれたりと、まさにミラクルな造形教室でした。

アトリエでは100種類ほどの画材が揃えられ、自由表現の日とテーマがある日の構成で、子どもたち一人それぞれそれぞれ伸び伸びと表現できる場でした。

子どもたちは、それぞれが自分のやりたいことに夢中になって取り組んでいました。

子どもたちは帰る頃には「ルンルン🎵」、笑顔で帰って行きました。

お母さんたちは、心理カウンセラーさんに子育ての事を色々と話せてスッキリとリフレッシュすることが出来、子育ての良循環がまわっていました。

芸術教育は心を育てる

心理カウンセリングと芸術教育の両輪で走り出したアトリエはとても盛況でした。

親御さんの心のケアで親子関係が改善される→子どものメンタルが変わる→子どもの表現、作品(絵、工作など)が変わる。

子どもの絵や工作から読み取れる子どもの心の状態を親御さんへフィードバックして子育ての参考に。まだ言葉が成熟していない子どもたちにとって造形活動は言葉の一つだったのです。

そして芸術による子どもの心のケアは、子どもたちに自己肯定感を育み、子どもたちの問題行動の解決に、そして子どもの能力の開花等々。

さらに発達障害のお子さんを持つ親御さんの子育て支援の一つに。発達障害をもつ子どもを持つ親御さんたちは、自分を責めていらっしゃる方が多かった様に思います。

でも、発達障害を持つ子どもたちは、造形の分野において、その特異な才能を次々と見せてくれました。親御さんにとっての「困った子」から「うん?、うちの子はすごいかも…」。親御さんたちの、子どもへの眼差しが変わったように思いました。

アートの何が人の心を癒やすの?

「芸術には人を癒やす力がある、そして心を育む力があるかも」この造形教室の経験から、アートの持つ力をしみじみと感じたました。「アートには人を癒やす力がある」と。

でも「アートの何が人の心を癒やすの?」

※アートマン(サンスクリット語)=魂

東日本大震災でリセット?!

と!突然、東日本大震災で家は流され、挙げ句の果てに自分自身が精神的に不安定になり。震災後のバタバタで疲れ切って眠れなくなり心療内科に通院する羽目に。震災後は、精神疾患のツラさを抱えながら過ごすことになりました。わかっちゃいるけど、しゃんとできない自分に困っていました。

しかし症状は悪化し、震災後は真っ暗な日々でした。薬は増えるばかり、どんどん悪化する症状。呪術、民間療法、ありとあらゆる治療法にすがりましたが…。最後は意識を失って事故にあい病院へ。向精神薬の副作用等々、適切な処置をしてもらい快方へ。

アートセラピーとの出会い

その後、症状が落ち着いてから、一体自分には何が起こっていたのか、薬のこと、精神疾患の治療法等々を調べているうちに、アートセラピーに再び出会いました。

諸外国では、薬は長期間使用するのではなく、精神疾患の治療としては、アートセラピー(絵画、音楽、ダンス、詩歌療法など)が使われていることを知りました。

芸術療法学会の時に、コンビニの袋を持ったおじさん(精神科医)が近づいてきて、「アートセラピーが人の心を癒やすのは、夢中になっているときだよ」と教えてくれました。

アートが人を癒やす答え、夢中というキーワードを教えてもらいました。

それからは、心を癒やす「夢中」になれるアートプログラムをどうやったら作れるのか、いつも考えています。「夢中になれるアートプログラム」を作ってみたいな~~

子どもたちが教えてくれた言葉「全部違って全部いいね!」

生徒たちが、美術室の掲示作品を見ながら「これもいい、あの作品もいい、全部違って全部いいね」って言うのを聞いたとき、「なんか良い言葉だな」としみじみと感じました。

アートには「これ」という明確な答えがないです。人の数だけ、答えがあります。人と比べられない空間は、心が、身体がゆるむから本来の自分らしさが「ゆるゆる」。自分らしさは、どれも良い、比べられないもの、唯一無二。

自分らしくいられるアートの場所、それぞれ違っていい場所。結果、生まれてくる自己肯定感。「自分が自分でいていい場所」「”ゆるゆる”と本来の自分という形でいられる場所」。少し幸せな場所。人はゆるゆると緩んだときに、最高を発揮すると言われています。

夢は”心を癒やす「夢中」になれるアートプログラムを作ること”

自分史上最高のアートプログラムを創ってみたい!それがこのサイトを作っている本当の目的です。